岐阜県岐阜市にある 珈琲 豆に音 (まめにね) 厳選した豆を自家焙煎したコーヒーをお楽しみ下さい 手作りのケーキもお勧めです

ブログカテゴリー

店舗情報

営業時間
9:00~18:00
(LO.17:00)
珈琲豆の販売は18:00 迄
  定休日
毎週月曜日
(月曜日が祝日または振替休日の場合は営業し、翌火曜日を休店日とします)
  TEL
058-273-6678
住所
岐阜県岐阜市
六条南3-9-21
メゾン安田1F(地図)
QRコード
スマートフォン
携帯用QRコード
RSS

春色(haruiro)2017ver.


お客様から戴いた梅の枝の蕾も間もなく満開のようです。梅の花はとても甘い香りがして良いですね。



春の到来・・・昨年は春に相応しいコーヒーとして3月、4月、5月と毎月新作のブレンド「春色(haruiro)1~3」を発表させていただきましたが、今年も春限定の新作「春色2017」を三ヵ月連続で販売いたします。

3月の「春色2017.03」のテーマは、年度末ということもあり、慌ただしい一日の中で一息つける時間に最適のお伴となれるコーヒー。一日何杯飲んでも飽きのこないさっぱりした飲み心地。柔らかな酸味と甘みを味わうことでリフレッシュできることと思います。

3月11日(土)から販売開始です。

◇ 春色 haruiro 2017.03  シティロースト 1,350円 / 1袋200g ◇

2017-03-03 21:19:02

コスタリカ クレストネス


主要な生産地域からは離れた山の奥地で活動している小規模生産者組合「クレストネス」。近くにチリポ山がそびえたつこの地域は、コスタリカの中でも注目されている生産地域で、安定して質の高いコーヒー豆を生産し続けてくれます。
2017-02-08 21:33:08

エチオピア イルガチェフェ アッピ ナチュラル


エチオピアのナチュラルとしてはサワナ農園がしばらく続いていましたが、今シーズンは"アッピ"を入荷する運びとなりました。



エチオピア アッピ ナチュラル


南部諸民族州ゲデオ区域イルガチェフェ地域コンガ

標高  1,800~2,000m

ブルーベリーやプルーンのような香味と甘み

◆ エチオピア アッピ (ナチュラル精製) フルシティロースト 1,350円 / 1袋200g ◆

2017-02-08 21:01:44

ケニア カラニファクトリー


今度のケニアはカラニファクトリー。前回の二エリ県キアマバラファクトリーのコーヒーも数多くのケニアファンから絶賛されましたが、今回のカラニも優良ケニア豆の産地で有名なキリニャガ県ギチュグ地区での生産です。
ケニア カラニファクトリー

上質ケニアらしいしっかりしたボディとコクに華やかで複雑な酸味が調和しています。
深煎りだと芳醇な香味が楽しめます。

◆ ケニア カラニ (シティロースト / フレンチロースト) 各1,600円 / 1袋200g ◆
2017-02-03 18:00:00

久しぶりのニカラグア(フローレンシア)、待望のニカラグア(フローレンシア)


通りの雪が解けた今日、ニカラグアの生豆が到着。濃厚な果実感のある香味を楽しめるニカラグア(フローレンシアミル)のナチュラルは、毎年入荷を心待ちにしている固定ファンが当店でも多いのです。

ニカラグア (フローレンシア) マラゴジべ ナチュラル精製

品種  マラゴジべ 
生産者 ラス・セゴビア地域の農家
標高  約1,200m~1,400m
収穫  各農家にて完熟チェリーをセレクトピッキング、そのまま天日乾燥、フローレンシアミルに運び安定化

フローレンシアミルについて・・・
フローレンシアミルは高品質のパーチメントに対し高い価格で買い取りを行うので、小規模生産者は高品質のものをフローレンシアミルに持ち込む傾向が強い。さらに、フローレンシアミルは責任者を筆頭に、優れたカップを生み出し且つ信頼できる人間性を有した生産者との付き合いを大切にしており、生産の指導も行っている。
集まった高品質なパーチメントの品質管理もしっかり行われており、担当者は日々焙煎~カッピングを行い商品の評価を繰り返している。設立まだ浅い新興ミルだが、コスタリカで培った生産技術・管理手法を導入することで従来にないレベルのニカラグアコーヒーを実現している。

◇ ニカラグア (フローレンシア) マラゴジべ ナチュラル精製 シティロースト 1,400円 / 1袋200g ◇

さっぱりした酸味と甘みを堪能できます。果実感溢れる香味と心地の良いアフターテイストです。

2017-01-17 21:15:01

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ